ホーム > 記事一覧 > テレマーケティングとネット広告はどっちが良い?


テレマーケティングとネット広告はどっちが良い?

テレマーケティングとネット広告。ジャンルは違えどマーケティングで集客を行うこの二つの違いを解説します。


顧客となる人物の反応を見る場合、テレマーケティングのほうが優勢である


顧客となる企業や個人経営店と言った具合に商品やサービスを売り込む場合、テレマーケティングのほうが優勢です。ここで言う優勢ですが、ネット広告の場合、多くは顧客となる企業や個人経営店と言った人物が直接ネット広告を見てクリックし、商品やサービスの詳細を知る訳です。この手法の場合、利点としてはネット広告は広く閲覧者を得ることが出来れば利益へとつながります。

ですが問題点は受け身であることと積極性が無いのです。テレマーケティングは積極性の面において最も効果を発揮し、商品やサービス也を売り込むことが可能です。このとき相手の反応を見て状況判断することでサービスや商品を売り込むことも可能であるため積極性を維持しつつ様子を見るということも可能です。


テレアポによる代行は特にマーケットのターゲットを絞ることも可能である


ネット広告と異なりテレアポはマーケットのターゲットとなる企業を絞り代行業務を行うことが出来ます。これは、簡単に言うとネット広告は広くサービスや製品を広めることには向いていますが必ずしもサービスや製品を購入してもらえる起爆剤とならないことです。テレアポはそうした商品やサービスを売り込む際に起爆剤となるよう必要としているサービスや製品を企業を選びつつプレゼンテーションすることが可能なのです。


そうすることにより利点として生まれるのはテレアポ代行による企業からのリピートも狙えるということです。これは単純にマーケティングが起爆剤となり企業から必要とされていることを指し、つまりは企業の商品、サービスが認知されたことを指します。ネット広告の場合、テレアポ代行と異なり、サービスや企業の商品の認知ははっきりしたことが分からず、ネットワークからの閲覧統計やアクセス企業などからでしか認知されているかどうかが分からないため、はっきりした情報を知ることが出来ないのです。


まとめ


ネット広告は、はっきりと自社の商品が認知されている、自社のサービスが知れているかの判断をすることが難しいです。その理由はネット広告からのアクセス状況でしか、情報を知ることが出来ず、必ずしも購買意欲や認知に繋がっているかはわからないためです。しかしテレアポやテレマーケティングと言うサービスであれば、自社の製品やサービスが認知されているかどうかが分かる点が利点で、状況を見ながらテレマーケティング側が対応することで商品やサービスの売り込みや認知につながる活動を行えるため、確実性を重視する場合テレアポ代行やテレマーケティングを利用しての営業活動が望ましいです。

Powered by Froala Editor