ホーム > 記事一覧 > テレアポの仕組みって何だろう?


テレアポの仕組みって何だろう?

テレアポという単語をよく聞くかと思われますが、このテレアポと言う仕組み自体を理解していない方は非常に多いです。この記事ではそうしたテレアポとはどういったサービスを提供しているのかを解説していきます。


・テレアポは代行事業者と言う事業者が提供する企業のアポイントを取る事業者

テレアポとはその名の通りテレフォンアポイントメントを意味する言葉で簡単に言えば企業の商品やサービスを電話を通して宣伝する活動をすることを意味します。そしてテレアポ事業者とはそうした電話を掛けて依頼者の企業の商品やサービスを紹介することが主です。

現在においては何故電話を使って商品の宣伝やサービスを提供するのかという疑問はありますが、これについては電話であれば商品に興味をも持って貰えれば企業同士を結び付けることが出来かつ費用もホームページを開設するよりも安くつくためホームページを作りSEO対策をすることを踏まえると安上がりに自社の商品やサービスを第3者に紹介できるのです。


・テレアポ代行会社は企業の商品やサービスを紹介し商談が成立すれば報酬を貰える

テレアポを代行する事業者は企業から依頼された商品やサービスを第3社が契約するか商談がまとまると報酬を貰えます。この他にも報酬を貰う手法はあり、有名な物ですと完全固定型報酬支払いシステムがあり、これは電話を掛ける回数で報酬が決められるため利点はたくさんの情報を電話を通して様々な企業や家庭に宣伝することが出来ますが、反面、報酬を貰うことが出来るのが回数であるが故商談がまとまらずとも好いので言い方を悪く言えば、回数さえこなせばだれでも報酬を得ることが出来るため、電話を受け持つ担当者はおプロ意識を持たない者が多いです。


・企業あっての代行会社

テレアポは依頼者である企業があって初めて成立します。逆に言えば商品やサービスを紹介する企業が存在しない場合テレアポをサービスとして提供している事業者も利益を得ることが出来ず潰れてしまうのです。何故ならテレアポは企業になり替わり商品やサービスを第3者に提供するため依頼者となる企業が必要です。企業も現在ではインターネットを用いて宣伝することが出来ますが、この手法でアクセスをして貰い商品やサービスが認知されるのは有名企業の身の強みです。その為、有名ではない企業においてはテレアポの第3者による介入は大きく、成功報酬型のテレアポであれば依頼者は商談を確実に成功したうえで報酬を支払うので両者にとってお得なのです。


まとめ

テレアポの基本は企業があって初めて成立します。何故なら企業の商品やサービスを第3者に対して提供する際、テレアポ事業者がその役を買って出るからです。もちろんこうしたことはネットが普及した現在では少ないと思われていますが、実はそのようなことは無く有名ではない企業が商品をアピールする手段としてはいまだこのテレアポは重要な役割を担います。

その為、成功報酬型のテレアポでは商談がまとまると報酬を依頼者の企業が支払うという手法であるため、テレアポ代行事業者は選りすぐりのネゴシエーション能力を持つ人物を揃えたがるのです。逆に、成功報酬型ではなく回数報酬型であればプロ意識などを持たずに回数だけをこなせばよいのでセールスポイントを紹介しきちんと商品やサービスを売り出そうとすることすらせず一応企業を紹介するだけで終わることも多いので時には企業の商品やサービスのアピールの足かせにもなることもあるのです。

しかしながら回数型は、回数をこなせばだれかが商談を受けたいと思う可能性もあるというのがある為比較的安くに商品をアピールしたりすることが出来るという利点もある為、一概に悪い手法であるとも限らず、商品やサービスが魅力的であれば商談に成功することもある為、一長一短です。

Powered by Froala Editor