ホーム > 記事一覧

新着記事

テレアポ代行会社の料金体系についてわかりやすく解説
テレアポは、自社で行っている会社もありますが、最近ではテレアポを代行してくれる会社が多く、利用する会社が増えています。 そこで、今回はテレアポ代行の料金体系について解説します。 種類ごとにそれぞれ特徴があるので、しっかり理解しておきましょう。


テレアポの仕組みって何だろう?
テレアポという単語をよく聞くかと思われますが、このテレアポと言う仕組み自体を理解していない方は非常に多いです。この記事ではそうしたテレアポとはどういったサービスを提供しているのかを解説していきます。


テレアポ代行『アポ匠』のテレアポ単価はいくら?
社内業務の負担を軽減しながら自社の商品を売り込むには、テレアポ代行会社の利用が便利です。しかし、どのくらいの費用が必要になるかといった疑問点もあります。ここではテレアポ代行会社のひとつである、アポ匠の代行費用について説明していきます。


テレアポ代行を利用するメリット・デメリット
テレアポ代行とは、見込み客や案件を商談ベースに乗せるために行う面談アポイントを獲得することを目的とした会社です。今回は、テレアポ代行の特徴と利用するメリット・デメリットについて解説します。


テレアポ代行『アポ匠』で成果が出やすい会社は?
アポ匠は、2020年4月から運営されている、東京都渋谷区鶯谷町に本社を置く会社の株式会社リプラスが展開している、マーケティング及びテレアポを代行するサービスです。


テレアポ代行『アポ匠』のおすすめの契約期間は?
テレアポ代行を利用するときに、多くの利用者は、一体どのくらいの契約期間が目安なんだろうと疑問に思うのではないでしょうか。長すぎると費用が嵩みますし、短いと効果が出るのだろうかと心配になります。この記事では、アポ匠でのテレアポ代行依頼をするときに、おすすめの契約期間について紹介します。


テレアポ代行会社の料金体系について解説!
テレアポは、自社で行っている会社もありますが、最近ではテレアポを代行してくれる会社が多く、利用する会社が増えています。そこで、今回はテレアポ代行の料金体系について解説します。種類ごとにそれぞれ特徴があるので、しっかり理解しておきましょう。


コロナで売上激減...テレアポ代行で売上回復へ
コロナウイルスの影響もあり、様々な企業が大きな打撃を受けています。しかし、現在の世の中でテレアポ代行と言う手法にて売上を回復させる企業事例が増えています。


テレアポ代行のメリットについて
即戦力としてプロフェッショナルなスキルを応用テレアポは、電話一本あれば誰にでも行う事はできるですが、求める成果をゲットし続けるためには、オペレーターの高い業務遂行才能が求められているのです。テレアポを専門に行う代行企業なら、豊富な経験から積み上げた技術やスキルといったプロフェッショナルな力量を導入最初から保持しており、即戦力として組み込む事ができるです。営業活動に専念可能な新規カスタマー入手、販路拡大のため営業活動は不可欠です。ただし制限ある中で、営業活動を行いながらテレアポ業務も行う事は重労働です。


テレマーケティングとネット広告はどっちが良い?
テレマーケティングとネット広告。ジャンルは違えどマーケティングで集客を行うこの二つの違いを解説します。


【2020年決定版】テレアポ代行会社を選ぶならここだ!
テレアポ代行会社の選定を成功報酬・固定報酬とそれぞれでご紹介しております。


ネット広告より圧倒的に数字計算出来るテレマーケティングとは?
ネット広告と比べて圧倒的に数字を計算できると見込めるのが、テレマーケティングの良さです。数字を計算できたほうが、事業に取り組みやすいのはいうまでもありません。では具体的にどう数字を計算できるのか、数字に関するテレマーケティングの魅力について紹介します。




テレアポ代行の特徴とメリットデメリットについて
営業の企業ですと、コールセンターという名目の部署を設置したり、外部に委託したりして、営業のアポイントを獲得するために動く事があります。


テレマーケティングとネット広告はどっちが良い?
広告を打つのにテレマーケティングとネット広告のどちらが良いのかは、迷ってしまいやすい二択です。どちらも一長一短あるため一概には決めつけられませんが、それでもテレマーケティングの良さについて知っておくことは大事です。そこでネット広告と比較した場合にテレマーケティングはどんな良さがあるのかを、これからいくつか紹介します。


インサイドセールスとテレアポの違いとは?
テレアポとインサイドセールスとは、どちらも代行の業務と知られていますが、目的が違います。そこで、どのように目的が違うのか紹介します。


営業支援を探すなら成功報酬テレアポ代行がベスト
テレアポ代行会社を利用すれば、自社の商品やサービスを効果的に紹介してくれます。課金型と成功報酬型があり、それぞれにサービス内容が異なります。


【2019年厳選3選】評判の高いおすすめテレアポ代行会社とは?
社内業務の軽減を図る意味で、テレアポ代行会社の存在が重要視されています。数あるテレアポ代行会社のうち、特徴を持ったおすすめの会社を紹介していきます。


テレアポ代行課金型と成果報酬はどっちを選ぶのがベスト?
テレアポ代行を依頼する際は、その料金体系を無視できません。料金体系により、テレアポ代行を依頼した際の費用が変わります。料金体系は、主に2種類に分類できます。その種類とは、課金型と成果報酬型です。そこで課金型と成果報酬型のどちらが良いのか、テレアポ代行の料金体系について簡単に分析します。


テレアポ代行で実現する営業活動の最適化
テレアポ代行で実現する営業活動の最適化について考えてみます。テレアポ代行を依頼する際に是非参考にしてみてください。


厳選3選!評判の高いテレアポ代行会社とは?❷
会社の売り上げを上げるためにテレアポ代行を利用して営業力を強化したいと考えているが、でもテレアポ代行会社が多すぎてどこに依頼すれば良いかわからない。そんな悩みを解消するため本記事ではおすすめのテレアポ代行業者とその特徴、そして代行会社の選び方のポイントを紹介致します。


厳選3選!評判の高いテレアポ代行会社とは?
2020年においても、テレアポは営業活動に欠かせないものとなっています。そして、今回評判の高いテレアポ代行会社を3社厳選してみました。強みや料金体系も会社によって異なってくるので、是非自社のイメージとマッチした会社を選んでいただければと思います。


テレアポ代行会社の選び方はどのようにするのが良いか
営業の仕事をしている会社で自社ではテレアポをせずに完全にテレアポは外注に任せるという企業も多いですが、テレアポ代行会社を選ぶ時には慎重になる必要があります。なぜなら、テレアポ代行会社もピンキリで単にテレアポを取るのが上手いだけのテレアポ代行会社を選んでも上手く販売に繋がらないからです。


テレアポ代行は営業力で選ぶな!失敗しないテレアポ代行会社とは?
テレアポ代行を選ぶ際に気を付けておきたいこととして営業力を謳うテレアポ代行会社を避けることがあげられます。普通ならば営業力重視の会社ならば多くの実績を上げられるのではと思いがちですが、そこには落とし穴があります。確かに営業力優先の会社ならばアポの数は多くなりそれに比例して実績が伴うと思いがちですが現実は違います。


初期費用無料のアポ代行会社って大丈夫?そもそもそんな会社はあるの?
テレアポ代行を依頼するのに、初期費用はとても気になる経費の1つです。初期費用が高ければ、それだけ手を出しにくいのは間違いありません。ですが世の中には、初期費用0円でテレアポ代行を請け負ってくれるサービスがあります。そのサービスの1つが「アポ匠」です。そこで初期費用0円の「アポ匠」にどんなメリットがあるのかを解説します。


テレアポ代行とテレマーケティング代行の違いとは?
自社の商品やサービスを顧客に知ってもらうために、テレアポやテレマーケティングの手法が使われます。社内で行うことが通常ですが、業務の効率化を目的に代行会社に依頼することもあります。ではテレアポとテレマーケティングの違いは何なのでしょうか?


営業代行とテレアポ代行の違いについて
テレアポ代行と営業代行の違いとは何なのでしょうか?ここではテレアポ代行と営業代行について違いを比較していきます。


テレアポの代行はなぜ失敗しがちなのだろうか?
BtoB会社において、新規クライアントゲットのためのテレアポ代行のアポイントの質に影響します。特にソリューションサービスになっているのには短所も多く、・テレアポ代行法人はアポイントが取れなければ出費が現れてしないため、アポイントゲット前提設定を緩く温度感が低い」という返答をされていない事が把握できます。


テレアポ代行とテレマーケティング代行の違いとは?
テレフォンアポイントメントと呼ばれるテレアポ代行ですが、そのテレアポ代行とテレフォンマーケティング代行との違いがあまりわからない人が多いのではないでしょうか。テレマーケティング代行とは最近生まれた言葉で、テレアポ代行とは一線を引き、違う業務を示しているのです。


テレアポ代行は営業力で選ぶな!失敗しないテレアポ代行会社とは?
テレアポ代行会社選びで最優先すべきは営業力だと決めつけてしまいがちですが、単純な営業力だけを基準にテレアポ代行会社を選ぶのはあまりおすすめできません。営業力があれば、とにかくアポ取りの数を増やせることは事実です。ですがそのアポは、あまり先へとつながりません。ですから単純な営業力だけでテレアポ代行会社を選んではいけないのです。