ホーム > 記事一覧 > コロナで売上激減...テレアポ代行で売上回復へ


コロナで売上激減...テレアポ代行で売上回復へ

コロナウイルスの影響もあり、様々な企業が大きな打撃を受けています。しかし、現在の世の中でテレアポ代行と言う手法にて売上を回復させる企業事例が増えています。

飲食店で売り上げ回復効果が認められている

コロナウイルスの影響下で売り上げが落ちている企業の中にテレアポ代行を利用して顧客を獲得した事例があります。これはコロナウイルスの影響下で顧客が寄り付かないことを考慮して、ウーバーイーツなどと競合し出前と言う形でサービスを行うという手法に飲食店のオーナーを誘導することにより売り上げが回復した事例があります。

本来ですと、テレアポ代行による飲食店へのアポイントメントは非常に取りにくくお話を聞いてもらえないことが多いのですが、コロナ化の影響もあり、利益を上げる手法を説明することが出来、最終的に売り上げにつながったという事例があります。売り上げを回復させた手法についてはテレアポ代行により、飲食店のサービスをオンライン注文可能とするシステムを導入しインターネットから注文をすることが出来るような仕組みをテレアポ代行会社自らが提供するなどをして売り上げ回復させたものと、テレアポ代行会社が、解決策としてインターネット注文のシステム導入を提案し、そのことを企業や一般家庭に普及させるために電話をして売り上げを解決させるという手法です。

なお、飲食店業のオンラインシステムはテレアポ代行会社自らがシステムを提供することで売り上げを解決させるという手法を取り入れている代行会社もあり、代行会社のシステムを利用することで売り上げが回復したということになります。単純に企業の宣伝を一般の方に向けて発信するのではなく、テレアポ代行会社が自らオンライン注文システムを構築するなどをして初めて売り上げにつながった事例があるということです。

オンライン塾の売り上げ回復効果があり

テレアポ代行にて売り上げが回復したジャンルとして塾が挙げられます。本来ですと塾は各エリアに儲けられた店舗型の塾に通うことで学習成績を良くすることが出来るというのが特徴ですが、宣伝する塾をオンラインの塾へと切り替えることで営業成績を回復させ、売り上げ回復につなげた企業は多くあります。テレアポ代行の場合、オンラインタイプの塾をテレアポ代行にて宣伝することは従来型の塾よりもコロナ化においてはお話を聞いてもらえるため、売り上げが回復したのです。コロナ化の場合、外出して塾に通うことが難しいため、テレアポ代行では外出する必要性が無いオンライン塾をアピールすることで売り上げを回復させたという事例があり、他の塾もオンライン化されたのはテレアポ代行によるオンライン塾の宣伝効果があったものとされます。

まとめ

テレアポ代行による企業の売り上げ回復ですが、飲食店などはテレアポ代行による宣伝を無償化し、オンラインシステムでサービスを利用できるようにテレアポ代行会社自らが飲食店のオンラインシステム作りを行うことで売り上げを回復させた事例があります。

また塾においてはオンライン化を進めるとともに一般家庭にオンラインで塾の利用が可能で料金も普通の塾よりも安いことをアピールすることで売り上げを回復させた事例もありますので、塾においては、オンラインの塾が増えたのはテレアポ代行による宣伝効果が見込めると判断してよいでしょう。

Powered by Froala Editor