ホーム > 記事一覧 > テレアポ代行で実現する営業活動の最適化


テレアポ代行で実現する営業活動の最適化

高まるテレアポ代行への関心

新しい働き方への注目が集まる中、営業の新たな選択肢としてテレアポ代行に興味を示す企業が増えています。企業活動の生命線ともいえる営業活動は自社で行うのが当たり前、というのは昔の話。現在では営業を外注する企業は多く、テレアポ代行でビジネスチャンスを大きく広げるケースも珍しくありません。


営業コストの最適化が実現

自社で営業スタッフを用意するには単純な人件費に加えて研修費や営業活動費、設備投資など多額のコストが発生します。十分な投資を行っても確実に営業成績が挙がるという保証はなく経営上のリスクがつきまといます。テレアポ代行は人員から機材まで全てがパッケージングされているためコスト負担は最小限に抑えられます。必要な営業力を必要なときに必要量だけ用意できるのでロスが少なく、営業力を戦略的に最善の形で投入できるのが大きなメリットです。


直接的なコミュニケーションによる高い反応率

テレアポ代行には営業活動に対する反応率が高いというメリットがあります。ダイレクトメールやネット広告など営業活動にはさまざまな方法がありますが、ある営業活動に対してどの程度のリアクションがあるのかを示すのが反応率という数値です。反応率が高いほど営業に対するリアクションが大きいということになりますが、ダイレクトメールの反応率が0.5~1.5%、パーソナライズされたネット広告の反応率が1~2%程度であるのに対しテレアポの反応率は6~8%高い水準です。


説明力が顧客の心をつかむ

人と人が直接的に会話するテレアポ代行は営業の訴求力が高く、他の手法に比べて優れたコストパフォーマンスが期待できます。特に内容が複雑で資料だけでは十分な説明が難しい商品やサービスのセールスに関しては質問に答えながら営業できるテレアポ代行に優れた優位性が認められます。

テレアポ代行では優れたオペレーターにより事前に用意した営業マニュアルに基づいたきめ細やかな営業活動が行われます。契約成立まで至らなくても強い関心を示す見込み客の情報を集められるので、よりターゲットを絞り込んだ営業リストを作成できます。


営業活動に集中できる

テレアポ代行の役割は営業活動のきっかけづくりです。テレアポに感心を示した見込み客に対しては営業担当による本格的な営業活動で契約成立を目指しますが、アポイント獲得の仕事をテレアポ代行に任せることで営業担当社員は自身の営業力を磨くことに専念できます。

テレアポは精神的にも肉体的にも負担の重い仕事です。その面倒な作業をテレアポ代行に任せることで営業活動に集中出来る環境が整い、業績アップにつながる効果的な営業活動が実践できます。


まとめ

テレアポ代行を活用することでコストは削減され自社の営業リソースは最適化されます。タイミングや範囲を自由に設定できるのもテレアポ代行のメリットです。テレアポ代行を営業の手段として上手に活用し経営効率改善をめざしてください。

Powered by Froala Editor