ホーム > 記事一覧 > テレアポ代行『アポ匠』のおすすめの契約期間は?


テレアポ代行『アポ匠』のおすすめの契約期間は?

テレアポ代行を利用するときに、多くの利用者は、一体どのくらいの契約期間が目安なんだろうと疑問に思うのではないでしょうか。長すぎると費用が嵩みますし、短いと効果が出るのだろうかと心配になります。この記事では、アポ匠でのテレアポ代行依頼をするときに、おすすめの契約期間について紹介します。


テレアポ代行契約として一般的に見られるのは、「一年契約」です。1年間テレアポ代行業務をした結果の様子を見て、その後も契約を続けるかどうかを判断するのが一般的です。通常は、1年間テレアポ代行してもらえば、十分な費用対効果を期待できると言われています。その一方、利用者によってはあまり効果が感じられないまま、何ヶ月間も浪費してしまうケースも頻繁にあります。効果が感じられない場合は、テレアポ代行業者の選定を見誤っている場合もあるのです。そのため、一年契約では、選定の見誤りをしたときのリスクが高いので、もう少し短期間での契約にするのが無難です。


また、極端に契約期間を短すする手法として、「単発契約」があります。しかし、テレアポでは、リストの大きさを指定して単発契約での依頼も可能ですが、単発契約は期間が短すぎて成果を計りにくいのが難点です。成果が出ない理由が、テレアポ代行業者の質が悪かったのか、リスト選定が適切でなかったのか、アポを取るタイミングが悪かったのかが適切に評価できません。そのため、少し長期的な視点で代行を依頼し、費用対効果を評価した方が良さそうです。


では、一体どのくらいが適切な契約期間なのでしょうか。それはとても難しい問いですが、テレアポ代行を依頼する期間の目安は3ヶ月くらいです。そのくらいの期間があれば、毎月の成果を比較して評価することも可能となります。前月の結果を分析したのちに適切な対策を立ててくれるテレアポ代行業者であれば、成果が得られる可能性が高いです。評価がしやすくなると、契約継続の判断がつきやすくなるので、3ヶ月を目安に契約して、その結果を踏まえたのちに継続するか検討しましょう。


テレアポ代行業者のアポ匠の場合は、取引期間は特に設定せずに、テレアポ代行業務を引き受けてくれます。しかし、アポ匠も3ヶ月以上の契約を推奨しています。その理由は、トークスプリプトを作る費用である、39,800円が無料になることと、電話をかけるためのリストを用意する費用である、39,800円が無料になること、最初はノウハウがない状態でスタートするため、最初の数件では本来の成果が見えづらく、長期的に取引することで、ノウハウが蓄積され、結果的に取引先の成約率が上昇するためです。


いかがでしたでしょうか。テレアポ代行業務を依頼する場合は、3カ月が一つの目安です。3カ月あればある程度の成果の有無は判断できます。成果を感じられない時は、テレアポ代行業者を変えてみるのもおすすめです。アポ匠では、初期費用0円から依頼可能で、最短1カ月からの契約が可能です。特に、3カ月以上契約した場合は、スクリプト構成費用やリスト構築費用が無料となってお得です。

Powered by Froala Editor