ホーム > 記事一覧 > テレアポ代行を利用するメリット・デメリット


テレアポ代行を利用するメリット・デメリット

テレアポ代行とは、見込み客や案件を商談ベースに乗せるために行う面談アポイントを獲得することを目的とした会社です。今回は、テレアポ代行の特徴と利用するメリット・デメリットについて解説します。


【テレアポ代行の特徴】

そもそも、テレアポはテレフォンアポイントメントの略で、電話で新規顧客を開拓し、商談や次回連絡する日程を決めます。

テレアポ代行は、電話による顧客開拓をクライアントに代わって対応してくれるサービスのことで、テレアポ代行を利用することによって営業活動を効率化させることができます。


【テレアポ代行を利用するメリット】

①テレアポのプロに任せるからアポが取れる

テレアポ代行を利用する最大のメリットです。

テレアポ代行会社に依頼をすると、毎日テレアポに専念して働いているスタッフが対応します。

そのため、テレアポ代行会社で働いているスタッフは、ほとんどがテレアポのプロです。

プロに依頼することにより、普段なかなか商談に応じてくれない見込み客でもアポを取れる可能性が上がります。


②営業スタッフは営業に集中できる

通常、テレアポは営業スタッフが自ら行います。

しかし、これでは営業スタッフがテレアポの時間に圧迫されてしまいます。

テレアポに多くの時間が取られてしまうと、商談の準備ができなくなってしまいます。

テレアポ代行会社に依頼することで、テレアポを負担してくれます。

その分、営業スタッフは商談の準備に時間を費やすことができます。


③コストダウンにもなる

テレアポには、人件費や営業スタッフなど様々なコストがかかります。

テレアポ代行会社に依頼すれば、コストを負担してくれます。

結果的に、自社のコストを抑えたことになります。


【テレアポ代行を利用するデメリット】

①アポの質が悪い会社がある

テレアポ代行会社は、アポの獲得数を重視しています。

そのため、できるだけ多くのアポを取ろうとしますが、中には質をおろそかにして、獲得数を優先する会社もあります。

低品質なアポを取ると、売上アップを目的にしている場合、あまり効果が期待できません。


②会社によって能力に差がある

テレアポ代行会社は、テレアポ代行を行う「アポインター」を自社で採用しています。

教育を受けてから業務にあたりますが、教育のノウハウは会社によって異なるため、中には十分な研修が出来ていない会社があります。


③料金体系によってコストが高くなることがある

テレアポ代行の料金体系は、主にコール型課金と成果報酬体系の2つに分けられます。

コール型課金は、月に1000件コールすると、1000件分の費用が支払います。

もしも、万単位の依頼をしていて十分なアポが取れなかったら、大きな赤字になる可能性があります。

また、期待するほどの成果が出なかった場合、コストが割高になる恐れもあるので注意しましょう。


【まとめ】

今回は、テレアポ代行の特徴や代行会社を利用するメリット・デメリットについて紹介しました。

テレアポ代行会社は、会社によって能力が違うので、会社選びは慎重に行いましょう。

良い会社を選ぶことができれば、大きな成果が得られます。

Powered by Froala Editor