ホーム > 記事一覧 > テレアポ代行とテレマーケティング代行の違いとは?


テレアポ代行とテレマーケティング代行の違いとは?

テレフォンアポイントメントと呼ばれるテレアポ代行ですが、そのテレアポ代行とテレフォンマーケティング代行との違いがあまりわからない人が多いのではないでしょうか。
テレマーケティング代行とは最近生まれた言葉で、テレアポ代行とは一線を引き、違う業務を示しているのです。

テレアポ代行とは

分からない人のためにまずはテレアポ代行とは、テレフォンアポインターの略であり、これまで接触のない全くと言っていいほど接点のなかった新しい顧客をつかむべく、新規獲得の方法として電話での営業業務を行うことであり、無作為に選ばれたその電話番号からしらみつぶしに電話をかけ、一方的に相手とのアポイントを成功させるという仕事であります。
電話での営業方法は一方的にこちらからお誘いの電話をするアウトバウンドだけであり、顧客からの電話がかかってくるインバウンドではありません。問題点としてあまり歓迎されないという所です。時間や場所を選ばずにアポイントすることができるのですが、それによりアポイントを受ける側の客から見てみると迷惑となる行為であるので少しばかり問題が生ずるかもしれません。

テレマーケティング代行とは

一方テレマーケティング代行とは、テレホンマーケティング代行の略であり既存顧客に対して行うのが基本です。このようにして既存の顧客に対して行うのが基本である為、相手のニーズを聞き出すなど市場調査を名目として行う仕事ですので、あらかじめアポイントメントが取られた過去のある既存の顧客からアポイントメントを取ります。このように根本的な違いとして新規取引と既存客への取引、このような違いがあり、前者をテレアポ代行と呼び後者をテレマーケティング代行と呼ぶのです。

まとめ

先ほども言った通りテレアポ代行における顧客はあまり快い思いをされなかったりもしますし、場合によっては迷惑な業者と判断されかねないのです。しかしながらテレマーケティング代行というマーケティング代行手法を用いると少なくとも迷惑な業者と判断される可能性はぐっと減り、真摯に向き合うことでその不快な思いを避けられアポイントメントを取るということが可能なのです。

Powered by Froala Editor